東京の泌尿器科・内科、前立腺・尿路がんの
ロボット手術なら東京国際大堀病院

  • 泌尿器科
  • 一般内科
  • 循環器科
  • 放射線科
  • 麻酔科
0422-47-1000
受付時間:午前8:30〜11:30 午後13:00〜16:00

診療科・部門紹介

大堀病院の診療科・部門紹介
  1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 泌尿器科
  4. ロボット支援手術『ダヴィンチ』について

泌尿器科 Urology

ロボット支援手術について

当院では手術支援ロボット「da Vinci -ダヴィンチ-」によるロボット支援手術を推奨しております。
ロボット支援手術の大きなメリットは、身体的な負担が少ない腹腔鏡下手術の特長を生かしながら、
人の手による手術の問題点をロボットの機能で克服できるという点にあります。
現在国内では300台以上が稼働、前立腺全摘除術だけで年間13,000件以上の多くの実績があり、
特に保険収載された「ロボット支援前立腺全摘術」や「ロボット支援腎部分切除術」などの
泌尿器科ロボット支援手術は、日本国内で急速に普及をしております。

手術支援ロボット「da Vinci 〜ダヴィンチ〜」の特徴

  • 3Dによる鮮明な視野

    3Dカメラで体内を立体的に映し、最大約10 倍のズーム機能により、手術者は患部を拡大視野でとらえることが可能です。

  • 精密・繊細なロボットの手

    360°回転が可能なロボットアームの様々な形状の鉗子は人間の手以上の可動域があり、繊細な操作が可能です。

  • 正確な術操作の伝達

    高い集中力が必要な緻蜜な手術において、手ぶれ補正がされた正確な動作をロボットアームへ伝達することができます。

ロボット支援手術における患者さんのメリット

  • Merit 1

    身体への負担の少ない低侵襲手術

    開腹手術と比較して『傷口が小さい』『痛みが少ない』『出血量が少ない(輸血量1%以下)』『回復が早い』
  • Merit 2

    回復が早く、入院期間が短い

    傷口が5~12mm程度とても小さいため、回復が早く、 入院してから10 〜 14日程度退院ができます。
  • Merit 3

    尿失禁の回復が早い

    術後早期は尿取りパッドが必要なことはありますが、術後3ヶ月で77%、6ヶ月で91%、12ヶ月で97%が回復します。
  • Merit 4

    性機能の温存効果が高い

    術後5年までに両側の神経温存で70−80%。片側温存で40−50%の割合で性機能が回復します。
  • Merit 5

    高い安全性と隔日性

    肉眼より正確な3次元の立体画。狭い範囲でも360°自由に器具を操作でき、人間の手以上の複雑かつ繊細な手術が可能です。このため直腸損傷などの合併症も極めて稀です。
診療予約はこちら

簡単ネット予約はこちら