東京の泌尿器科・内科、前立腺・尿路がんの
ロボット手術なら東京国際大堀病院

  • 泌尿器科
  • 一般内科
  • 循環器科
  • 放射線科
  • 麻酔科
0422-47-1000
受付時間:午前8:30〜11:30 午後13:00〜16:00

主な泌尿器科疾患

主な泌尿器科疾患
  1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 泌尿器科
  4. 男性更年期障害(LOH症候群)の治療について

男性更年期障害(LOH症候群)の治療について

男性更年期障害(LOH症候群)

男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって引き起こされる症状のことでLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれています。 男性更年期障害は日本でも最近良くテレビは雑誌で取り上げられるようになり、その認知が広まって行きました。
40代後半のから見られ、患者さんが最も多いのは50~60代です。中には70~80代で症状を訴える方もいます。 一般に、テストステロンの量は10代前半から急激に増え始め、20歳ごろをピークに加齢とともに徐々に減少していきます。 ところが何らかの原因でテストステロンが急激に減少してしまうと、体はバランスを崩し、さまざまな不調を引き起こすのです。テストステロンを減少させる要因はいくつかあり、その代表的なものがストレスといわれています。テストステロンは大脳の視床下部からの指令によって主に精巣でつくられますが、心理的ストレスを長く受け続けて交感神経優位の状態が続くと、大脳から「テストステロンをつくるな」という指令が出されてしまうのです。
男性の50~60代に患者数が多いのは、加齢によるテストステロンの減少に加えて、職場でも家庭でもストレスの多い時期だからといえるでしょう。

男性更年期障害(LOH症候群)の症状

症状は大きく身体症状と精神症状に分けられます、身体症状は、朝立ちの消失や勃起不全(ED)といった男性機能の低下がまず挙げられます。ほかにも、のばせ・多汗、全身倦怠感、筋肉や関節の痛み、筋力低下、骨密度低下、頭痛・めまい・耳嶋り、頻尿などの症状や、精神症状としては、不眠、無気力、イライラ、性欲減退、集中力や記憶力の低下などとともにうつ症状が出る場合もあります。
さらに、男性更年期障害になると、メタボリックシンドローム、心筋便塞、脳梗塞などの生活習慣病のリスクが高まることもわかってきました。
以上のように、症状は多岐にわたっており、人によって現れ方はさまざまです。どれをとっても男性更年期障害と知らなければ「年のせいかな?」と思い込んでしまいそうな症状なので、放置して重症化してしまうケースも珍しくありません。

男性更年期障害(LOH症候群)の診断

診察では問診票や男性更年期障害の診断に世界的に広く用いられている「AMSスコア」と呼ばれる質問票などに記入していただき、午前中に採血してテストステロン値を調べます。それらの検査結果や問診の結果を考慮し、男性更年期障害の有無を診断します。

『AMSスコア』で男性更年期障害をチェック!

下記チェック項目(全17問)から該当する症状を1つずつ選択して下さい。

  1. 項目1総合的に調子が思わしくない

  2. 項目2関節や筋肉の痛み

  3. 項目3ひどい発汗

  4. 項目4睡眠の悩み

  5. 項目5よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

  6. 項目6いらいらする

  7. 項目7神経質になった

  8. 項目8不安感

  9. 項目9からだの疲労や行動力の減退

  10. 項目10筋力の低下

  11. 項目11憂うつな気分

  12. 項目12「絶頂期は過ぎた」と感じる

  13. 項目13力尽きた、どん底にいると感じる

  14. 項目14ひげの伸びが遅くなった

  15. 項目15性的能力の衰え

  16. 項目16早朝勃起(朝立ち)の回数の減少

  17. 項目17性欲の低下

AMSスコア
  • 26点以下:正常
  • 27〜36点:軽度
  • 37〜49点:中等度
  • 50点以上:重度

男性更年期障害(LOH症候群)の治療方法

治療は漢方薬やテストステロン補充療法(TRT)による治療と生活改善を並行して行っていきます。
TRTの方法としては、経口剤、注射剤、皮膚吸収剤がありますが、わが国では注射剤エナント酸テストステロンのみが保険適応となっています。TRTにより、筋肉量、筋力、骨密度、インスリン感受性、気分性欲、健康感の改善が認められます。また勃起不全の方に対する治療においてTRT はPDE5阻害薬の効果を増強することが報告されています。
TRTにより前立腺がんが生じることはほぼ完全に否定されつつあります。これまでの検討では治療前に前立腺がんがない事を必ずスクリーニングして、定期的にPSAを測定することで前立腺がんの合併を見逃さない努力がなされています。そのような前提の上では、テストステロン補充療法は全く安全に施行可能と考えられています。

当院では、都内のメンズヘルスクリニックなどで男性更年期障害(LOH症候群)の診療を行ってきた経験豊富な専門医が常勤で診察にあたっております。


→メンズヘルス外来(金曜日午後 担当:竹内尚史)