東京の泌尿器科・婦人科・内科、前立腺・尿路がんの
ロボット手術なら東京国際大堀病院

  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 一般内科
  • 循環器科
  • 放射線科
  • 麻酔科
0422-47-1000
受付時間:午前8:30〜11:30 午後13:00〜16:00

主な泌尿器科疾患

主な泌尿器科疾患
  1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 泌尿器科
  4. 骨盤臓器脱の治療について

骨盤臓器脱の治療について

骨盤臓器脱(膀胱脱、子宮脱、直腸脱)とは?

骨盤臓器脱の種類 骨盤臓器脱の種類

骨盤臓器脱は女性特有の病気です。本来、女性の骨盤内は骨盤底筋群(筋肉や靭帯)によって支えられています。骨盤臓器脱とは、出産や加齢(閉経)などの影響で骨盤底筋群の支持力が低下して膀胱、子宮頸部、直腸、膣壁などの骨盤内臓器が下垂して膣口から脱出する病気の総称をいいます。以前は、子宮脱、膀胱脱、直腸脱などといわれていましたが、ひとつだけの臓器が下垂してくることは少ないため、まとめて「骨盤臓器脱」と呼ぶようになりました。
骨盤臓器脱の頻度に関してわが国におけるデータはありませんが、欧米の研究によれば経腟分娩を経験した女性の約30%に骨盤臓器脱がみられると報告されています。

骨盤臓器脱の原因

出産や加齢(閉経)に加え、高度な肥満、慢性の便秘、慢性の咳やクシャミを伴う呼吸器疾患、長時間の立ち仕事や力仕事などは骨盤底に強い腹圧がかかってしまうため骨盤臓器脱のリスクになります。また、子宮がんや子宮筋腫に対する手術も骨盤底筋群にダメージを与え、骨盤臓器脱の原因になり得ます。

骨盤臓器脱の症状

骨盤臓器脱の症状は一般的に軽度であれば無症状です。脱が進行してくると膣に何かがはさまったような違和感やお風呂場で股にピンポン玉のようなものが触れるといった「下垂感」を感じるようになります。尿漏れや脱を押し戻さないと尿が出にくいといった「排尿に関する症状」、便が出にくい感じや残便感、頻便などの「排便に関する症状」などがみられることもあります。また、下腹部が引っ張られるような感じ、下腹部痛といった症状や、膣壁や子宮がいつも脱出していると、その部位が下着でこすれて出血するなどの症状を伴うこともあります。

骨盤臓器脱の診断方法

骨盤臓器脱の治療を行っていくためには、どこの筋肉や靭帯がダメージを受け、どの臓器がどの程度脱出してきているかを正確に診断することが重要です。基本的には問診と内診だけで診断することが可能ですが、必要に応じてMRIなどの詳しい検査を追加することもあります。

尿検査

尿の濁りや血尿の有無などを調べます。

残尿測定

排尿後に膀胱内にどれくらいの尿が残っているかを測定します。排尿直後に下腹部の超音波検査を行うだけで簡単に調べることができます。

内診

わざと咳をして力んでいただき、尿道の動きや尿の漏れ具合のほか、どの部位がどのように下がっているのかを調べます。

超音波検査

膀胱が下垂することによって尿管が引っぱられ、尿の通りが悪くなって水腎症をきたすことがあるため、腎臓を超音波検査によって調べます。

MRI検査

MRIはX線を使用せずに強い磁石と電磁波を使って身体の断面を描写します。脱出している臓器の部位や程度を評価します。また、骨盤内の腫瘍性病変や筋腫の有無についても確認することができます。

骨盤臓器脱の治療方法

軽症の場合には保存的治療を行います。中等症あるいは重症の場合は、弱まった骨盤底筋群を補強する目的で手術治療が必要になります。ただ、脱出の程度、症状の重症度、年齢や合併症の有無、性行為の有無など、それぞれの患者さまの生活スタイルや考え方に合わせて総合的に判断させていただきます。

保存的治療

骨盤底筋訓練(体操)

腹筋に力が入らないようにしながら膣や肛門を締める体操です。一般的には腹圧性尿失禁に対して行われる体操ですが、脱出の進行を予防し、脱出による痛みの緩和や、尿失禁の改善が期待できます。

膣内装具(ペッサリー)

ペッサリーというシリコン素材のリングを膣内にいれて臓器が下がってこないようにする方法です。簡便な方法ではありますが、同じものを長期間体内に入れたままにしておくと、膣粘膜に炎症を起こし、おりものや出血、不快感が生じたりするため、定期的な交換が必要となります。

手術治療

腹腔鏡下仙骨膣固定術(Laparoscopic Sacrocolpopexy: LSC)ロボット支援下仙骨膣固定術(Robot-assisted Sacrocolpopexy: RSC)

仙骨膣固定術は子宮摘出後の腟断端を吊り上げて仙骨前面の靱帯に固定して臓器脱の修復を行う方法です。欧米ではゴールドスタンダードの治療方法ですが、開腹を要するため比較的侵襲性が高いという欠点がありました。近年、腹腔鏡下やロボット支援下で行えるようになり、身体にかかる負担も劇的に少なくなりました。

経腟メッシュ手術(Tension-Free Vaginal Tape Surgery: TVM手術)

膣からメッシュと呼ばれる網目状の医療用の合成繊維シートを挿入して、弱った支持組織に置き換えて臓器脱の修復を行います。

従来法

メッシュを使用せずに行う手術方法で、古くから行われてきた術式です。膀胱瘤に対する前膣壁縫縮術、子宮脱に対する子宮摘出術、膣閉鎖術などです。
骨盤臓器脱は直接生命に影響を与えるような病気ではありませんが、生活の質を著しく低下させます。

骨盤臓器脱でお悩みの患者さまへ

東京国際大堀病院では、骨盤臓器脱に対して「腹腔鏡下仙骨膣固定術」を積極的に行っており、安全かつ身体への負担が少ない手術で生活の質を改善させることを目指しております。また「ロボット支援下仙骨膣固定術」も保険適応となり、当院でも行っております。治療希望の方は担当医にご相談ください。
健康長寿を実現させるためにも、年のせいとあきらめたり、恥ずかしがったりせずにまずはお気軽にご相談下さい。

診療予約はこちら

簡単ネット予約はこちら