東京の泌尿器科・婦人科・内科、前立腺・尿路がんの
ロボット手術なら東京国際大堀病院

  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 一般内科
  • 循環器科
  • 放射線科
  • 麻酔科
0422-47-1000
受付時間:午前8:30〜11:30 午後13:00〜16:00

主な泌尿器科疾患

主な泌尿器科疾患
  1. HOME
  2. 診療科・部門紹介
  3. 泌尿器科
  4. 腎盂尿管移行部狭窄症の治療について

腎盂尿管移行部狭窄症の治療について

腎盂尿管移行部の狭窄(きょうさく)とは?

腎盂尿管移行部狭窄症とは

腎臓でできた尿は腎盂という袋にたまり、その後尿管を流れ膀胱に到達します。
その腎盂から尿管に移行する場所(腎盂尿管移行部)が狭くなり、尿が流れにくくなると腎盂が腫れて(水腎症)、腰や背中の痛みに繋がったり、腎機能の低下に繋がります。その狭くなる原因は様々ですが、先天性、腫瘍性、結石によるなどがあります。

腎盂尿管移行部狭窄症の診断方法

腎盂尿管移行部狭窄症の症状
腰背部痛
血液・尿検査
腎機能や感染の有無を確認
超音波検査
腎臓の腫れ(水腎症)を確認
CT検査
水腎症を確認し、狭窄部を確認。狭窄の原因となる交差血管を確認
MRI検査
CTと同様。腎機能が悪い人に有用な検査
核医学(腎シンチグラフィー)
機能を詳細にチェックする有用な検査

多くの場合、これらの検査で診断がつきます。原因の中で腫瘍(腎盂がん、尿管がんなど)の場合は腎臓や尿管を摘出する手術へ移行します。結石の場合は、結石の破砕の治療なども合わせて実施する必要がありますが、腎盂尿管移行部の狭窄を放置はできませんので、同時あるいは時間を変えて治療する必要があります。


Warning: Use of undefined constant reservation - assumed 'reservation' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ohorihosp/www/website/wp-content/themes/ohoriclinic_2/footer.php on line 175
診療予約はこちら

簡単ネット予約はこちら